FC2ブログ
日本には1億円の金融資産を持つ人が人口の約1%いるそうですね。1%ということは100人に1人なので、なんとかなれそうな気がしますね。いま35歳ですが、5年後の40歳までに、どこまでいけるか!!

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、サラリーマンです。

前回に引き続いて、北京の訪問記です。

12/30(日)
この日は、天安門広場(故宮のすぐそば)と毛沢東の遺体を見に行きました。

天安門広場にある毛主席紀念堂では、
防腐処理の上で保存された毛沢東の遺体を観覧できるようになっています。

また、この施設にはカメラの持ち込みが禁止であり、一時的に預ける場所があるのですが、
貴重品を一時的とはいえ預けるのは不安なので、
この日はカメラを持たずに外出したため、一切写真がありません。。。

この施設に入るために、30分くらい行列に並び、
空港のような荷物チェックをうけました。
施設の入場料は無料ですが、
入口付近でパンフレット(1元)を購入(任意購入)しました。

そしていよいよ毛沢東との対面なのですが、
施設内では立ち止まることが許されず、時間としては、ほんの数十秒で終わります。
(毛沢東はガラスのケースの中に入っていて、距離も3メートル以上はありました)

サラリーマン自身と嫁は、このような展示が大好きなので、
(エジプトのカイロ博物館のミイラ特別室も行ったことがあります)
とても楽しみにしていたのですが、正直がっかりです。

じっくり見ることができませんし、蝋人形にしか見えませんでしたし。。。
(本当のところは分かりませんが)

↓購入したパンフレットの写真
毛沢東


その後、火鍋のお店にタクシーで移動。
火鍋というと、とっても辛いだけのイメージだったのですが、
(サラリーマンは日本でも食べたことがありませんでしたが)
ここのお店は、鍋が人数分用意されて、
辛い味噌(?)のようなものを自分で好きなだけ入れることで辛さをコントロールできるため、
辛いだけなく、とってもおいしかったです。
肉は豚とラムだったのですが、ラムは独特の臭みもなく大満足です。

料金は、お酒(ビール数本)を飲んで、火鍋を充分(肉をお変わり)食べて、
締めに中華めんを鍋に入れて、1人あたり70元程度でしたので、
北京の食事で一番の満足度でした。

その後、ロシアンマーケットといわれるロシア人が買い物に来る場所で、
友人に頼まれたブルガリの時計(フェイク)を230元で買い、
帰りにマッサージ(足裏+全身で合計2時間で120元)に寄って、この日の活動は終了です。

以降、続きます。

ブログランキングの応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ banner_03.gif 
コメント
この記事へのコメント
肉まんの件は、最近の物価変動が知りたかったんですね~。私が行った2000年が一個1元だったんですよ。私が食べた物は旨かったですよ。横浜中華街の一個500円くらいの物より相当おいしかった記憶があります。

火鍋って流行ってますよね。上海でもいっぱいお店がありました。結構おいしいし、安いですよね。上海で海鮮火鍋をたらふく食ってたしか、70元くらいでした。2000年当時のことです。あんまり変わってないみたいですね、値段。

2009/01/07(水) 00:45 | URL | 荒谷 #DK9JdeR.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://salaryman7311.blog74.fc2.com/tb.php/189-de760030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。